ニュース

Youtuberが危ない!

Youtubeって、実は先行者利益が得にくい。

というのは、後から上がってくる動画や投稿者がおもしろければ、すぐにそちらに視聴者が移動してしまうためです。

あの100万再生が普通だったHIKAKINの最近の再生回数が、20〜30万になってきているというのです。

まあ、これでもすごいけど・・・

 

「動画の内容自体が変わったわけでもなく、YouTube利用者が廃れたわけでもないのにこの結果。急増した他のYouTuberにシェアを奪われた結果と考えて間違いなさそうだ。動画配信事業では先行者利益が得にくく、視聴者はいとも簡単に他の配信者に乗り換えることができる。」

 

「すきなことで生きていく」

 

と大々的に宣伝していたYoutubeですが、実はYoutuberで食べて行けない人がほとんどで、そこそこ食べて行けてるYoutuberも焦りの色は隠せないでしょう。

やはり、たくさんの再生回数から広告費を稼ぐよりは、自分TVでコアなファンを増やして自分のビジネスを加速させるやり方が堅実と言えそうです。

 

※netgeekより

 

テレビドラマも「主演俳優とリアルタイムで見る」時代へ。自分TVの流れがやって来た!

「去る5月28日深夜、ドラマ界初の画期的な試みが行われた。それはドラマの放送時間に合わせたネットストリーミング生中継。しかも「主演俳優とリアルタイムでやり取りをしながらドラマを見る」という斬新なものだった。」

ネットとテレビの融合などと言われてきましたが、この試みは非常に興味深いものがあります。

「『LINE LIVE CAST』とは、LINE公式アカウントを通じて、映像をリアルタイム配信するもので、2014年夏のサービス開始からこれまで、浜崎あゆみや西内まりやなどのライブやトーク、東京ガールズコレクションやバーバリーのファッションショーなどのイベント生中継が放送されてきた。」

今回はテレビで行われた訳です。

しかも、一般的な撮影スタジオではなく、会議室のような部屋で行われたというのも注目です。

これって自分TVじゃないですか?(笑)

「オープニングのタイトルコールで声がそろわず、やり直す2人。すかさずユーザーから「生放送たのしい」「やり直し面白い(笑)」とコメントが入る。」

いやいや、これこそ自分TVでしょー!

ただし、、、違うのがこれ。

「約35万人いる「LINE LIVE CAST」公式アカウントユーザーに、放送前日・当日に告知できるのが魅力」

これはすごいパワーですね。

「ドラマとネットストリーミングサービスとの融合は、今後広がっていくのか、それとも波及せずに終わるのか……答えは迷いなく「イエス」。その理由はここまで書いてきたように、視聴者、テレビ局、俳優の3者全てにメリットがあるからだ。」

ということで、時代の波は「自分TV」に来たようですよ〜♪

 

参考:マイナビニュース

 

2 / 212